お客様のリクエストとして「シャルドネみたいなワインはありますか?」に対して

ワインをサービスする方であれば、必ず経験があると想像出来るお客様のリクエストとして

「シャルドネみたいなワインはありますか?」があるかと思います。

今回はこのリクエストに対して、イタリア料理店としての観点から、どのような準備が出来るかを考えてみたいと思います。



今回の知っていただきたいテーマは

お客様のお好みに寄り添いながら、ペアリングの考察なども含めて、お客様の好奇心を?き立てるワイン提案が出来れば、またこのお店でワインが飲んでみたいと思っていただける絶好の機会となるはずです。

その中で、「シャルドネみたいなワインはありますか?」という質問を鵜呑みにするだけでなく、色んな角度からワイン提案が出来るように準備しておくことに越したことはありません。


このコラムがサービス時のお客様との会話のきっかけに、また、お客様と通ずる何かのきっかけになっていただけたら幸いで



◎覚えておきたいセールストークは、、、、

“シャルドネ”というブドウ品種を要望されるお客様に考えられる好みの可能性


   言わずと知れた、世界中で多く栽培されるブドウ品種のシャルドネから造られるワインはとても多く、ワインを召し上がる方であれば一度は口にされているでしょう。

しなやかな酸味とクセの少ない個性は、比較的受け入れやすく辛口白ワインの代表=シャルドネという好みが考えられます。

 

   ワインを飲むという世界観に入るきっかけや、その後の経験測からフランス・ブルゴーニュ地方を中心としたハイクオリティ辛口白ワイン=シャルドネという好みも考えられます。

 

   過去にイタリア国内で造られるシャルドネ種のワインが好きになり、以来イタリア産の辛口白ワインを飲むのであれば=シャルドネ種という好みも考えられます。



大きく分けて、この3パターンの好みに対して、お客様へのヒアリングを含めてどのような対応が可能なのか、そしてお店が用意したいワインを考えていきましょう。



   の好みを持つお客様へ

最も好みの幅が広いと思われるグループであり、お客様がどのようなタイプのワインを望んでおられるのかを注意深くヒアリングをする必要があります。

私の経験側から、このグループ内で“シャルドネ種”に拘りがあるお客様は、③グループの方と同じ準備で良いと思います。

一方で一つの提案として、お好みがあくまでクセの少ない辛口白ワインであるならば“シャルドネ種”に拘る必要が少ないとも言えるかもしれません。

お料理とのペアリングを提案する際に、スマートな辛口であり、程よい個性を有するブドウ品種から造られるイタリアワインは数多く存在します。

Vernaccia di San GimignanoVermentinoVerdicchioPinot biancoCatarratto

Trubianaなどのブドウ品種から造られるワインもお勧めの候補に入れてみてはいかがでしょうか?


② の好みを持つお客様へ

こちらのグループのお客様が求めるワインはハイクオリティワインであり、確認は必要ですが、樽熟成を経た芳醇な味わいがお好みの方が多いかと思われます。

世界市場の中でもコストパフォーマンスに優れたイタリアワインであるからこそ、ある程度のご予算を頂けたら素晴らしいワインを提供することが可能だと信じています。

地域的にはヴァッレ・ダオスタ、ピエモンテ、トレンティーノ・アルト・アディジェ、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア、トスカーナのワインが思い浮かびます。


③ の好みを持つお客様へ

こちらのグループのお客様であれば、イタリア北部や中部、もしくは南部といった地域別の個性を持ったシャルドネ種のワインをお勧めする方法と、お気に入りのワインに近しい個性を持った土着品種のワインもお勧めするなど、可能性に満ちた準備が可能でしょう。

生産地域に加えて、酸味や果実味の強さ、醸造方法などがお好みを探るキーワードになってきます。




表示件数
食材・ワイン
並び替え