イタリアにこだわりたい『クラフトジン』特集


世界的なジンのブームでイタリア国内の蒸留所もたくさんの種類のジンをリリースしています。今回は改めてイタリアのクラフトジンにスポットを当ててみました。

ぜひワンランク上のクラフトジンを使って他の飲食店との差別化を図ってみてください。

やはり「カクテル」は利益商材。ワインやビールと共にメニューに加えてみてはいかがでしょうか?



近年、世界中でジンを造るメーカーが増えてきて、空前のジンブームが起こっています。

これは小規模のクラフト蒸溜所の設立ラッシュによるものです。

ジンは『ジュニパーベリー(ネズの実)が入っていて、アルコール度数が37.5%以上であること』という造り方以外にルールがほとんどありません。

そのため多くの蒸留所が参戦しやすく、ボタニカル(ハーブや果物の皮、スパイスなど草根木皮)と呼ばれる植物性のもので香りをつけたり、地元の特産品を使ったり、自由で個性的なジンが生産できます。また、ボタニカルの成分の抽出方法も各蒸留所で様々で、ベースのスピリッツにボタニカルを漬けてから再蒸留する方法や、スピリッツとボタニカルの香り成分を別々に抽出し調合する方法、ボタニカルをスピリッツに漬けて香りが抽出出来たらそのままボトリングする方法などがあります。

日本でも大手ビールメーカーが日本のボタニカルを使ったクラフトジンを作り、それをソーダ(炭酸)で割った『ジンソーダ』がブームになっているのは皆さんもご存じだと思います。

割りもののドリンクは利益率もいいので採用したいところだと思います。


そこで今回は改めて他店との差別化が出来るイタリアン・クラフトジン』を特集します!

イタリアらしく、ボトルデザインが個性的なものや、イタリアのボタニカルのみを使ったものなど、それぞれにこだわりのあるクラフトジンをそろえてみました!

表示件数
食材・ワイン
並び替え