ピッツェリア向けおすすめメニューとペアリングワイン

ガリシアポークのスカロッピーネ




【ペアリング考察】
毎年この時期のみ入荷する瀬戸田完熟レモン。瀬戸田レモンは国産の中でも最高品質と言われており、低農薬栽培しております。レモンの爽やかな酸味と調和するワインを選びたいですね。


【ポイント】
薄焼きにした豚肉の料理なので白ワインや軽めの赤というチョイスも考えらえますが、おそらくメイン料理になるであろうことから、ややしっかりボディを持ちつつ華やかなワイン。ワインのベリーやスパイス感は料理のソース代わりにもなるペアリングです。

ご提案ワイン①⇒Drei Dona Magnificat No.21847


ご提案ワイン②⇒Sella&Mosca Tanca Farra No.17784




アラブ風ラムのクスクス




【ペアリング考察】
イタリアでは中部から南イタリアの地域で仔羊が食べられることが多く、地域性からもこの辺りのワインをお勧めしたいですね。仔羊肉の柔らかな食感を活かすために煮込みにする料理が思い浮かびます。

【ポイント】
ソテーした野菜の旨みや肉の油脂分との相性を考慮し、酸味のある白ワインやタンニンやスパイス感のある赤ワイン。

ご提案ワイン①⇒Barone Cornacchia Macerato Trebbiano dAbruzzo No.41768


ご提案ワイン②⇒Settesoli Mandra Rossa Bonera No.40924





ペルー産ホワイトアスパラのグリル




【ペアリング考察】
遮光で栽培されるホワイトアスパラガスは一般的にグリーンアスパラよりも太いので、柔らかな食感や旨味を感じやすい春の食材の代表格と言えます。 産地による味わいの違いと、その食材に適した調理法としてサラダ仕立てや茹でる、ソテーする、グリルするなど温度や水分量が変化したり、何を一緒に添えるのかでペアリングの幅が広がります。

【ポイント】
シンプルにアスパラガスの味わいを楽しめるようにレモンやオリーブオイルのみで仕上げた料理には若々しい果実感にあふれる白ワイン。 柔らかに茹でたアスパラガスに卵を添えるならば、卵の火入れ度合いに合わせて白ワインやロゼワインを。

ご提案ワイン①⇒Marsuret Prosecco Treviso ExtraDry No.37118


ご提案ワイン②⇒Maria Pia Bardolino Chiaretto No.19577

表示件数
食材・ワイン
並び替え