アンティカ・ボローニャ

ボローニャ出身のパスタ職人が、本場と同じレシピ、工法で製造するパスタフレスカです。

工場で大量生産される「生パスタ」とは違う、本物の「パスタフレスカ」をぜひお試しください。




作り立てをフレッシュのままお届けいたします。(冷凍ではありません)

作り立ての美味しさをお届けする為、冷凍ではなくフレッシュ(冷蔵)のままお届けいたします。(※ガス充填する為、冷蔵で約2週間の保存が可能です)

 

短時間調理が可能です。

茹で時間が約3なので、調理時間が短縮できます。(ドライパスタでは10分以上かかっていた茹で時間が大幅に短縮できるのでランチでも使用可能です)




パスタ・フレスカはエミリアロマーニャ州、特に活気ある都市ボローニャを起源とするイタリア料理を代表する正真正銘の美食の喜びであり、伝統、情熱、上質な食材への愛情を体現した料理である。

ボローニャの生パスタには古く豊かな歴史がある。その起源は何世紀も前にさかのぼり、エミリア州のおばあちゃんたちが新鮮な材料だけを使い、家族のためにパスタを手づくりしていたことに始まる。時を経て、この習慣は世代から世代へと受け継がれ、地元の食文化の不可欠な一部となっている。


「アンティカ・ボローニャ」生パスタ

厳選された素材から作られるアンティカ・ボローニャの生パスタは、ボローニャの伝統を反映している。シンプルな基本素材:デュラム小麦100%のセモリナと全卵。これらの基本素材の組み合わせにより、ソフトで風味豊かなパスタが出来上がり、様々なソースとの相性も抜群です。

生パスタの調理は、時間と忍耐と技術を必要とする真の料理儀式です。生地は小麦粉と卵を均質に弾力性が出るまで練って作られ、その後リガトーニ、パッケリ、グラミーニャなどの定番の形が生まれます。アンティカ・ボローニャのパスタのもうひとつの重要な要素はパスタを荒くし、そのテクスチャーをコクのあるものにするブロンズ製法にあります。また、パスタを低温で乾燥させることでパスタの有機的特性を維持しています。





イタリアのパスタ職人が日本で製造

製造は当社内で行っています。ボローニャ出身のパスタ職人セルジオ・チンティ氏が素材選びから製造、包装に至るまですべての工程を監督しています。

「生パスタの本当の美味しさを日本の皆様に知ってもらいたかったのです。」

ボローニャの生パスタはシンプルさ、信頼性、おいしさをたたえた時代を超越した料理体験の象徴です。この料理は身体だけでなく心も満たし、世界有数の食の名産地の歴史と伝統をもたらします。




調理例)サルシッチャとレモンのラディアトーリ





調理例)サルシッチャとほうれん草のグラミーニャ




調理例)ホタルイカとミニキャベツのカンパネッレ


調理例)マッケロンチーニのクアトロフォルマッジ



調理例)ガルガネッリのラグー




表示件数
食材・ワイン
並び替え