WEB営業企画㈱グランド

WEB営業企画
⇒どのインポーター担当者も本来であればお客様を訪問し、丁寧にワインをご案内したいところだと思いますが、実際には難しいのが現実です。
そこで当社担当の各インポーター担当者様に、「最近、お客様(飲食店)訪問時におすすめしているワインをこのWEB上で同じように紹介して下さい」と伝え、ワインの選定(州、価格、味わい等)も全てお任せをしました。
ぜひインポーター営業が貴店を訪問して説明を聞いたつもりで(?)、参考にしてください。

※ワインの選定、価格帯、特価の有無等はすべてインポーターによるもので当社はご提出いただいた資料のみを掲載します。


グランド担当(石川 遼平氏)

選定理由:世界遺産チンクエテッレ。夏にぴったりな海を感じる白ワイン


La Polenza (ラ・ポレンツァ)   ラ・ポレンツァはチンクエテッレに葡萄畑を7ヘクタール所有。他のエリアから見ると狭い様にも感じますが、常に滑落の危険と隣り合わせな急斜面の段々畑に葡萄が植樹されるチンクエテッレにおいて一つのカンティーナが7haを所有することはとても広範囲ということになります。「生まれ育った土地の個性」と「クリュの概念」を持ち、テロワールの異なる単一畑のワインを生産 畑にはボスコをはじめアルバローラやヴェルメンティーノのほか僅かながら黒葡萄の栽培もおこない、いずれもフレッシュさと柔らかさ、伸びやかな酸と余韻の長さをコンセプトにワイン造りをしています。



ラ・ポレンツァはチンクエテッレの中心都市で世界遺産にも登録されているコルニーリアに位置する家族経営のカンティーナです。

地元出身の2代目オーナーであるステファニアを中心にコルニーリアの葡萄畑を長年にわたり改修することでポテンシャルのある葡萄畑を7ヘクタールにまで拡張してきました。 他のエリアから見ると狭い様にも感じますが、常に滑落の危険と隣り合わせな急斜面の段々畑に葡萄が植樹されるチンクエテッレにおいて一つのカンティーナが7haを所有することはとても広範囲ということになります。   そのボリュームを活かし品質の向上とコストパフォーマンスが可能となり、素晴らしい評価を得ています。   様々な試行錯誤を繰り返す中で「生まれ育った土地の個性」と「クリュの概念」は、チンクエテッレにもある事に気づき、テロワールの異なる単一畑のワインを生産しております。   畑にはボスコをはじめアルバローラやヴェルメンティーノのほか僅かながら黒葡萄の栽培もおこない、いずれもフレッシュさと柔らかさ、伸びやかな酸と余韻の長さをコンセプトにこれまでの家族の経験をボトルに注ぎ込み品質の高いワインを作ることに努めています。


表示件数
食材・ワイン
並び替え