戻る



地元でも楽しまれているトリュフと合わせるワインのペアリング。ピエモンテ州の地ブドウ「グリニョリーノ」の造り手「カステッロ・ディ・ガビアーノ」数量限定入荷。


色調は輝きのある淡いルビーレッド。香りは第1印象は華やかで、熟したラズベリーやバラの香りに鉄などのミネラル感があります。干し草やほのかに丁子などのスパイスもあり、アタックはやわらかく広がり、ドライでミディアムボディ。中盤から豊富でやわらかい酸味と口を乾かす様な練れたタンニンが口中を広げアフターまで続きます。


グリニョリーノはイタリアのピエモンテ州を中心に栽培されているマニアックな黒ブドウ品種です。グリニョリーノという名前は、アスティ地方の方言である“グリニョーレ”に由来するとされています。これはブドウの果粒の中に多くある種のことを指します。アスティとカサーレの間にあるモンフェッラート地域が発祥とされている葡萄品種です。


後世に受け継がれるべきブドウ品種「グリニョリーノ」

近年、ピエモンテ州で高品質ワインを作る黒ブドウ品種といえばネッビオーロをあげる方が多いでしょう。そのネッビオーロに匹敵すると言われているブドウ品種がある事をご存知ですか?
アスティやモンフェラート地区で栽培されるグリニョリーノという黒ブドウ品種は、ピエモンテ方言で「しかめっ面」を意味するグリマーチェが由来であり、種が多く酸味やタンニンが強い事からこのように呼ばれてたのでしょう。
この個性はネッビオーロと類似するところがあり、以前は長期熟成された素晴らしいワインが造られていましたが、環境の影響を受け易く変異も多かった事や時代が色の濃い果実中心のワインを求めた頃から減少していきました。
そんな中、近年はタンニンの抽出を優しくして華やかな果実味を生かしたワインに生まれ変わりつつあります。

私がピエモンテ州のレストランでソムリエをしていた時に、ご馳走"トリュフ"と合わせるワインの1つがグリニョリーノでした。もちろん熟成したネッビオーロとのペアンリングも素晴らしいですが、トリュフの香りを最大限に活かすよう白ワインもお勧めしていました。

果実味は控えめで料理を覆う事なく、トリュフの香りを追随する華やかさと、バターやチーズに寄り添うしなやかな酸味とタンニン。
穏やかさのあるモンフェラート産か酸とミネラルの効いたアスティ産か、料理の仕立てにより使い分けるとペアリングの幅も広がるでしょう
お客様にお伝えしたい食の楽しみとして、是非お試しください。



南半球のオーストラリアは今が「冬」。冬の黒トリュフのシーズンです。ここ数年でこの時期の「オーストラリア産冬トリュフ」がメジャーになりつつあります。(特にフレンチ業界で定番になりつつあるようです)。





特価Castello di Gabiano Il Ruvo 18 カステッロ ディ ガビアーノ イル ルーヴォ

  • 商品コード41844
  • 【JAN】

特価Castello di Gabiano Il Ruvo 18 カステッロ ディ ガビアーノ イル ルーヴォ

商品備考1 程よい熟成感が感じられる

Castello di Gabiano Il Ruvo

 カステッロディガビアーノイルル‐ヴォ


美しく輝くややオレンジがかった淡いルビー色。赤系果実やバラ、ブラックペッパーの香り。口当たりはチャーミング。滑らかで柔らかなタンニンと酸のバランスが心地よい。果実味豊かなロゼに近い赤ワイン。


コルクの種類: 天然コルク


  • 生産者:カステッロ ディ ガビアーノーCastello di Gabiano http://www.castellodigabiano.com
  • 地域: ピエモンテ
  • アルコール度数: 14%
  • タイプ:赤ワイン
  • 品種:グリニョリーノ 100%
  • 熟成:ステンレスタンク(6~8ヶ月シュールリー)
  • 飲用適温: 15-17℃
  • ワイナリー情報:

    ピエモンテの古城で醸されるワイン。北イタリア屈指の銘醸地ピエモンテでも、とりわけ歴史が長く、イタリアでも最古、最小DOC区域のひとつとして知られるガビアーノ。ポー側の畔、アスティ県とアレッサンドリア県にまたがり、13世紀の文献にもその名が見られるほど、古くから優秀なワイン生産地として知られるこの丘陵地帯にそびえ立つ古城カステッロ・ディ・ガビアーノ(ガビアーノ城)で優美なワインの数々は醸されます。所有する畑は僅かに20ha。ピエモンテの最重要品種であるバルベーラをはじめ、フレイザ、グリニョリーノなどの土着品種、そしてピノ・ネロやシャルドネなどの国際品種まで、ほぼ無農薬、すべて手作業にて栽培。城の地下に切りだされた、天然石で囲まれたセラーでの熟成を経て出荷される。

    おすすめ商品一覧