戻る


Sanpaolo Falanghina Beneventanoサンパオロ ファランギーナ ベネヴェンターノ

  • 商品コード46002
  • 【JAN】

Sanpaolo Falanghina Beneventanoサンパオロ ファランギーナ ベネヴェンターノ

IGT 2022

Cantina Sanpaolo?Beneventano?Falanghina I.G.P.?2022

カンティーナ・サンパオロ ベネヴェンターノ ファランギーナ

グラスの中で広がる野生の白い花の香り。洋梨の果肉とカンパーニャ州の土着品種であるアヌルカ種のリンゴの香り。ファランギーナ種の特徴である酸と柔らかな果実味が見事に調和している。
緑がかった反射のある麦わら色の黄色。柑橘類、アプリコット、白い果肉の果実の香りがあり、トーストしたヒントや野生の白い花の香りが広がる。ジューシーな果実味が風味豊かで、新鮮でありながら柔らかい口当たり。長く持続する余韻。食前酒やシーフード料理、リゾット、少し熟成させたチーズに最適。

生産者:クラウディオ・クアルタ(カンティーナ・サンパオロ)公式WEBサイト
地域:カンパーニャ州
アルコール度数:13%
タイプ:白
カテゴリー:I.G.T.
品種:ファランギーナ100%
酸:6.94g/L
残糖:7.7g/L
haあたりの収量:80Q/ha
醸造:ステンレスタンクで6ヶ月間熟成
ワイナリー情報:カンティーナ・サンパオロ(クラウディオ・クアルタ)
カンパーニャ州のブドウ畑と森に囲まれた火山の丘の上に位置し、グレコ・ディ・トゥーフォD.O.C.G.の中心でイルピニアの中心部サバト川の右側の丘陵の尾根に位置しています。ブドウは最も適した地域の厳選された区画から収穫。海抜700 メートルまでの高地で栽培され、朝晩と日中の温度差が大きくぶどうの香りを高めます。土壌は粘土質、石灰質、砂質、そしてベスビオ火山の灰を含む火山性土壌と様々。
クラウディオ・クアルタが手掛けるカンティーナ・サンパオロは、ガンベロ・ロッソ誌でグレコ・ディ・トゥーフォのキュヴェのアイテムが2021年版(2019ヴィンテージ)、2016年版(2013ヴィンテージ)でトレ・ビッキエーリを獲得する実力派ワイナリー。


cantina Moros wine tour puglia Claudio Quarta Vignaiolo

おすすめ商品一覧