戻る




リグーリアの土地と固有の葡萄品種、伝統、そして家族の情熱と愛情を表現するワイナリー「ドゥーリン」


初夏にかけて北イタリアのキリッとした飲み口で、ミネラルと酸味のバランスの取れた、ぺトロール香など複雑味もある「ピガート」のキャンペーンです。

白い花、黄桃や熟したアプリコット、はちみつなどのアロマが特徴的。適度な酸味とほどよいボディ、ミネラルが印象的です。フィニッシュにはアーモンドのような心地よい香ばしさが感じられ、熟成のポテンシャルがあり、時間と共に海藻やぺトロール香、松脂など複雑なニュアンスが加わります。鉱物的なミネラル、海のニュアンスが感じられるピガートです。


ピガートはリグーリア州の白ブドウ品種で、アルベンガとインペリアの間の地域で、海岸沿いと内陸の谷間の両方で栽培されている地葡萄です。リグーリア地方の方言で斑点を意味する「ピガウ」に由来し、熟したブドウに現れる褐色の斑点にちなんでいます。 ピガートの起源は古代ギリシャ北東部テッサリア地方にあり、17世紀頃にリグーリアに持ち込まれたとする説がある一方で、ピガートとヴェルメンティーノはおそらく同じブドウだと考えられていました。それぞれの特徴が非常に似ているため、自然変異しリグーリア西部のテロワールに溶け込んだものがピガートであるとするものと考えられていました。しかしながら何年にもわたる研究の結果、学者たちは特定の結論に達せず、リグーリア州の多くのワイナリーは、同じ品種の可能性を持ちつつも、この2つの品種を別々のものとして栽培し、2つの異なる銘柄としてワインを生産しています。




特価Durin Pigato 22 ドゥーリンピガート

  • 商品コード88822
  • 【JAN】

特価Durin Pigato 22 ドゥーリンピガート

Durin Pigato
ドゥーリン


黄金がかった麦わら黄色。たっぷりとしたミネラル感や黄色い花の香りに、熟した桃やプラム、蜂蜜などの豊満な香り。しっかりとした果実味に、ほんのりと心地の良い苦味も感じる、程よい柔らか味のある辛口の白ワイン。


コルクの種類:コルク


  • 地域:リグーリア
  • タイプ:
  • カテゴリー:DOC
  • 容量・入数:750
  • 品種:ピガート100%
  • 熟成:ステンレス
  • 飲用適温:8-12°C
  • ワイナリー情報:

    リグーリア州の西リヴィエラのサヴォナ県オルトヴェロに位置する、バッソ家が葡萄の栽培から醸造まですべてを手掛ける家族経営のワイナリー。代々受け継がれている、現当主アントニオ氏の曽祖父イシードロのニックネーム“ Doro ”のジェノヴァ方言である“ DURIN ”をカンティ ー ナの名前とし、品種ごとに細かく分かれた合計 15ha の畑から 18 種類のワインを生産 。 一杯のワインの中に、リグーリアの土地と固有の葡萄品種、伝統、そして家族の情熱と愛情を表現している。

    おすすめ商品一覧